最近のお仕事。

ここ最近はCieloやHunterなどのバイクの組み付けが多い中、
(特に今週はすごいです。また後日ご紹介できると思います)
球体ペイントでカスタムペイントをして頂くことも多いです。そんな中から一台をピックアップ。

DSC_9553Giant “Cross 3400”

オーナー様が長い間大事に乗られていたバイクです。初めてうちに来て頂いたときもこのバイクをオーバーホールさせて頂きました。そこからまたしっかり乗られて、2度目のオーバーホール。今回は塗装と大胆な仕様変更で生まれ変わりました。

フレームはRAWフィニッシュ。既にお持ちだったVelo OrangeのPorteur RackとSwift IndustriesのPoraris Porteur Rack Bagを活かして普段の通勤と休日のショートツーリングを意識した仕様に。

DSC_9580

ハンドルはSimWorksのCalsaga。オフロードのイメージが強いかもしれませんが、540mm幅はツーリング等にもオススメです!(リエぼうさんのHunterもこのハンドル使ってますね!)個人的にLXのレバーはオープンクランプでCalsagaと好相性。

DSC_9575

Porteur RackにはSP フィッシュアイレンズダイナモライトとダイナモハブを組み合わせました。

DSC_9624

リアにはPDWのLoading Dock Rackに加えて、SykesのWoodfenderという完全武装です。

ラックやフェンダー等があると、あなたのバイクがもっと日常に身近なものになります。是非ご相談下さい。

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧