TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

【CAFE DU CYCLISTE 2018 SS】
永く付き合っていけるサイクルウェア


 
山岳地域へ好んでライドに向かう熱狂的なサイクリストであるデザイナーのレミ・クレモン。 自身のその経験と、流行という名の時代の波を敏感に感じとることのできるその感性とが融合し、生み出される Cafe Du Cycliste / カフェ ドゥ シクリステ の豊富なラインナップ。
 
先日のAyaちゃんの人力リコメンドではレディースアイテムが紹介されていましたが、もちろんメンズアイテムも入荷をしております。
 
私自身、Cafe du Cyclisteのアイテムは取り扱いを始めた2012年夏から今まで、少しずつアイテムを増やしておりますが、どれも永く使えるものばかりです。


【Cafe du Cycliste】M’s Lucienne Jersey ¥20,000(税抜)


4年前に購入したLucienne Jersey / ルジエンヌ ジャージは今でも活躍いているジャージの一つ。 薄手のメリノウール混紡のボディはとても着心地が良いもので、ベースレイヤーを着ず、直接肌の上に着ることもできてしまいます。 混紡率で言えばポリエステルがメインの素材となりますが、メリノウールの持つ高い吸湿性と抗菌性により防臭効果は多汗な真夏のライドをより快適なものとするものとします。発せられる熱を効率良く循環させるため、脇と背中部分には鱗状のメッシュ生地が設けられます。 今シーズンも新色を携えてのリリースとなっております。
 


【Cafe du Cycliste】M’s Micheleine Jersey ¥18,800(税抜)

 

昨年購入したMicheline Jersey / ミシュラン ジャージは真夏のライドをどれだけ涼しく快適に過ごせるかに着目して開発されたもの。 薄く、高い通気性を備えており、その着心地はジャージを着ているというよりは夏用のベースレイヤーを羽織っているような感覚に近いもの。兎に角軽くて涼しいジャージが欲しいとういう方には間違いなくオススメの1着。 今シーズンは新色と新柄が加わり豊富なラインナップとなっております。
 
また今シーズン、私が一番気になってるアイテムはこのビブショーツ。


【Cafe du Cycliste】M’s Marinette Bib Shorts ¥25,800(税抜)


カフェ ドゥ シクリステのビブ関連のアイテムに共通して言えることは、どれも生地の質感がとても心地良いということ。 もちろん効率的なペダリングを得るために計算されたパターンや、高いクッション性を備えるCytec社製のパッドは様々なシチュエーションにおいてサイクリストをサポートする高い機能性を持ち合わせるのですが、やはりお伝えしておきたいのはその履き心地の良さ。 柔らかく包み込んでくれる快適さは、きっと足を通して頂いた瞬間、多くの人に感じてもらえるものだと思います。 そしてもう一点、特筆すべきはこのカラーリング。 ネイビーとはまた違った独特の青色に私自身はとても惹かれるのですが、もう1色入荷しているカーキもビブショーツとしてはなかなかお目にかかる事の無いカラーリング。 どうしてもブラックカラーが多くなってしまうビブショーツですが、日常のスタイリングにデニムやミリタリーパンツを履いてしまうのと同じだと考えれば、自然と取り入れやすいものとなるはず。 頻繁に着るお気に入りのジャージもこのマリネット ビブショーツと合わせれば、また違った表情を見せてくれるでしょう。
 
もちろんこの他にも、多数のアイテムが入荷しております。

2018SSのアイテムはこちらからもご確認頂けます。

 
 
現在Circlsウェブショップのラインナップは着実に充実していっております。 しかしながら今回ご紹介したウェアなどはやはり実際に袖を通してみたいと思われる方が多いでしょう。 ZOZOスーツのようなサービスを実施するにはまだまだ至りませんので、メールなどでお問い合わせ頂ければしっかりとお答えをさせえて頂きます。 しかしそれでも実際に袖を通した時の生地の質感などをお伝えするのはなかなか難しい事でもあります。 近くにCirclesがあれば…、そんな事を思い描いてもいらっしゃる方もいてくれるのでは。 そんなご期待に少なからずお答えできのではと思い、今週末に世田谷ものづくり学校にて開催されるALL YOURS / オールユアーズ3周年イベント、LIFE SPEC COOP Vol.2にて、今回ご紹介したCafe du Cyclisteのアイテムをご覧いただけるように準備を整えております!
 

 
その他にも先日Shigeが紹介した、新作が届いたばかりのRingtailや、Search and Stateなどのサイクルウェアはもちろん、ブルックリンにてアーティスト自らがシルクスクリーンで一つ一つ丁寧にプリントする、Gnome Enterprisesの手がけるT-シャツもご試着、ご購入頂く事ができ、会場ブースはさながらブティックCirclesとでもいった様相となるでしょう。
 
もちろん、新作Tabby Lightを中心とするRAL HOSEシリーズや、嬉しい事に先日瞬く間に完売してしまったRAL meets holkの新作、さらには今回の主催者であるALL YOURSさんにご協力頂いているいるRAL by DEEPERS’S WEARの新作ショーツも会場にて実物をご覧頂けるよう準備中です。
 
会期中はCircles店舗スタッフ紅一点のAya、シムワーカーRyotaと3人体制でお待ちしておりますので、東京はもちろん近郊の方々、ぜひLIFE SPEC COOP Vol.2に足をお運びいただき、私たちの待つRALブース、105号室へお越しください。
 
どうぞよろしくお願いいたします!
 
 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント