名古屋から下関までトラックバイクでツーリング〜Part1〜

皆様、こんにちは。巧です!!僕のことを覚えて頂いた方もそれなりに増えてきたのではないでしょうか。そんなこんなでサークルズに仲間入りして早4ヶ月が経とうとしております。新生活を迎える4月も近くなり、通っていた学校も卒業し、残すはサークルズへの入社を待つ日々になった時、サークルズ恒例行事の入社前ツーリングを決行したのです。

ツーリングのルート

その内容とは、1週間で名古屋から本州最西端である下関へ、トラックバイクで向かうものです。 ルートは本州をただ突き抜けるのではなく、四国としまなみ海道を経由するルートを計画しました。 また自分の中のルールとして、勾配のきつい坂などを除き、基本的には時速30km以上で走り続けることに決めました。

今回のツーリングには思い出が山のようにあるので、複数に分けてブログをアップしていきますので、よろしくお願いします。 また、区間毎に分けていくので、「今度、ここに走りに行こうと思ってるんだよな〜」なんて考えている方は、このブログがお役に立つのであれば嬉しいです。

前置きが長くなりましたが、1日目に走った名古屋から京都までの区間をお話ししていこうと思います。

まずは、自宅からサークルズへと向かいました。サークルズに着くや否や、出勤していたスタッフが僕を迎えてくれ、みんなが凄く気にかけてくれました。 出発前の1枚を写真に納ていた時に、友田さんが乱入してきました(笑)謎に出発前に会話を交わす叔父さんと甥っ子感がプンプンしてます。何はともあれ、ツーリングのスタートです!!

1週間のトラックバイクツーリングの始まり

サークルズから次へと向かうべきは、関ヶ原です。 国道1号線経由だと走行距離は短くできますが、めちゃくちゃに坂を登ることになります。今回はトラックバイクということで、なるべく坂を避けたルート取りにしました。ちなみにこのルートの獲得標高は300mほどです。

初日からガッツリ雨に振られました。天気予報がまさかの大外れ。。。こんなに雨が降るとは思っていなく、浸水対策をしていなかった荷物は早速ビチャビチャになってしましました。 濡れてしまったものは仕方ないです。 とにかく関ヶ原に向かえればどんなルートでも良かったので、一旦名古屋駅に向かい、そこから国道126号線に入り、東海大橋を渡り、岐阜県に突入しました。

写真の通り、どんよりした天気です。ここまでは雨に降られる以外は、アクシデントもなく間もなく関ヶ原を越えました。 肝心の関ヶ原付近の国道21号線は路肩も広く、比較的に交通量も少なく走りやすいです。ただこの道を通る車の大半は大型トラックですので、注意は必要です。

そんなこんなで滋賀県に突入しました。 滋賀県に入ってからは、基本的に国道8号線をただひたすら走るばかりでした。 国道8号線へは、今まで走ってきた国道21号線から自然に合流する形のため、道に迷うことはありません。

悪天候の中、しばらく走り山間部に差しかかってくると同時に陽が出てきました。 勾配5%前後の少し辛い坂を登っては下っての繰り返しで、僕の体力はジワジワと奪われましたが雨が止んでくれたのはラッキーでした。 しばらくすると細々としたトンネルがあらわれます。

この写真の佐和山トンネルは歩行者・自転車専用道がありますが、そういった専用道がないトンネルが大半で、そのようなトンネルを通るときはめちゃくちゃ怖かったです。。。いつもは車で通るトンネルも、ガラスや壁での隔たりがない自転車だと、視界が悪く、車の走行音が爆音で、「後ろから走ってくる車がしっかりと追い抜いてくれるのか?自分を視認してくれているのか?」という疑問と恐怖の中、トンネル内を走っていました。トンネルを走行する際は、絶対にリアライトを付けましょう。

1日目のクライマックス

滋賀県と言えば、琵琶湖ですよね。ルート前半では内陸部を多く走り、琵琶湖に擦りもしなかったですが、ちょうど陽の沈んだトワイライトの頃に近江大橋を渡りました。

大津市内の夜景がとても綺麗だと感じたと共に緊張感の途切れからか疲れを感じるようになってきました。「大津から京都なんてすぐそこだろ!!」なんて軽々しく思っていましたが、体力と精神が消耗した自分にとっては辛いものでした。峠とまではいきませんが、大津市内から京都の山科の区間の坂の多さにはやられました。。。

今回の旅の恐ろしさはここにありました。荷物を積んだトラックバイク、毎日毎日200km弱を走ることによる体力と精神の消耗です。 僕は無茶をする性格なのですが、普段のノリのまま行動するのは、今回のツーリングには非常によろしくないです。 この初日、なんとか辛くて足を付いてしまうということはありませんでした。

ツーリングの楽しみは食にある

何はともあれ無事、1日目のゴールの京都に辿り着きました。ちなみに今回のこのツーリングは、サブクエストとして、家系ラーメン店巡りを掲げており、早速初日からラーメン激戦区の京都ということでテンションも上がっていました。

色々悩んだ結果この夜は、宿から近かった山下醤造さんで頂きました。家系ラーメンは、醤油豚骨のブレンドスープなのですが、こちらは豚骨の割合が多く、塩辛さを感じさせず、程よいコテコテ感がライド後の僕の体に滲みました。とのことで僕は日本全国の家系ラーメン店を巡ってきたほど、家系ラーメンが大好きなのです。

今回のツーリングの楽しい部分はこれからです!!

1日目の総括をすると、ラーメン以外はぶっちゃけ何の楽しみもありませんでした。。。ただこの悪天候の中、京都まで走ったという達成感のみが、僕の闘志を更に燃やすのでした。皆様にはあまり面白いお話をすることのできなかった1日です。ですが!!2日目以降は個人的に面白いお話ができるのでは、と思っております。また、恐らく自己満足長編ブログなると思いますので、ささっと目を通していただくだけで僕はとても嬉しいです。こんな緩い感じで、不定期にツーリングブログをアップしてまいります。

では続きは、Part2で!!


入社ツーリングレポート