【WTB】Before → After

先日ご紹介した650bx47mm特集、早速その良い事例がピットイン。

WTB / Nano 700x40c を履いていましたこちらのHunter。 やはりもっと荒れた道も臆することなく突き進みたいと思うのは男の性なのです。

650Bのホイールセットを新たに組み、タイヤは WTB / Sendero 650Bx47mmをチョイス。 はっきり言ってこれを履いてしまえば無敵艦隊。

650Bx47mmのタイヤを導入するにあたってもう一つのポイントは、リムのチョイス。 今回は VELOCITY / ヴェロシティ の Aileron / イルロンをチョイスしました。このモデルに650Bのサイズ展開があるってご存知でしたか?

もちろんタイヤ幅に対してリム幅が問題なく対応していることが重要なのですが、使用するタイヤ幅は47mm以外にどれくらいのものを想定しているか、またそれはフレームのタイヤクリアランスにも関係してくるので、一筋縄には行かないので要注意。

今回はこれ以上太いタイヤを履くという選択肢はなかったため、イルロンをチョイスしました。 いわゆるグラベルロードやオールロードといったバイクを650B化する場合、多くのバイクはタイヤ幅47mmが限界値であることが多いので、強度と軽さのバランスに長けたこのリムは定番の選択肢としてとてもおすすめです。

Avatar photo

Ikeyama Toyoshige
池山 豊繁

Circles / SimWorks / CWD 学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり古参の存在。 でも身長は最小です(#163cmですがなにか)。 CXレース経験もありますが、今はのんびり瀬戸のグラベルを走ったりするのが専らで、過去の面影はどこへやら。自転車で釣り場にアプローチするBikeToFishingのスタイル研究にも余念がない。
池山 豊繁の記事一覧