衣食住の中でも、やはり大事なのは食である。

 
あっという間に1ヶ月が経ち、そろそろ日本食が恋しくなってきた頃。
身内からは、こちらでの私の食事情を心配されていますが、どうぞみなさまご安心を。
 
「腹が減っては戦はできぬ」ではないですが、やはり「食」は日々の営みの上でもとても大切なこと。
そしてここにはその食に関して、しっかりと僕らの心とお腹を満たしてくれる環境がある。
 
 
クリスキングの社内にはカフェ(食堂)があり、専属のシェフが腕をふるいサーブされる朝食と昼食を食べることができるのは、今となってはよく知られていることだろう。 金額も極めて良心的で、カフェでは広々とリラックスもできる。 毎日のことを考えると外に食事へ出るよりずっといい。
 
同社の製品と同じく、なるべく地場のものを、そして新鮮な食材を用いて一品ずつ作られる食事のおかげで、毎日健やかに過ごすことができていると言っても過言ではない。 それに毎日の献立が楽しみだったりする。 だから写真も撮り溜めてしまうわけだ。
 
 

 

 

 
良いものを生み出すために、そこでは当然、人の手が動いており、その人が健全に働くことのできる環境を作るためにすべきことを考えた上での、このカフェの運営はやはり素晴らしいと思うわけである。 我々も彼らに見習い、千代田にはアーリーバーズ、松原にはパインフィールズマーケットという食のサービスを展開させていただいているのだが、もちろんそこでは我々スタッフのお腹をいつも満たしてくれる賄いが振舞われる。
 
そろそろ、#アリバノマカナイやPFMのコッペパンが恋しくなる頃ではあるが、まだまだこちらでの食の楽しみは尽きないものだから困ったものだ。
 
 
そんなある日、カフェに仕事を終えたスタッフが続々と集まってきた。 シンプルなサンドイッチが振舞われ、シェフたちも一緒に食事や談笑をしながらリラックスタイム。 冷蔵庫を改造したオリジナルのタップでキンキンに冷えた地元のブリュワリー製のIRAをグラスいっぱいに注ぐ。
 

 

 
 
クリスキングでは、5月と9月の年に2回、Commute Challengeと言われる自転車通勤を促進するキャンペーンを行なっており、この日は5月に行われた企画の表彰の日だった。
 
 
バイクインダストリーで働くのだから自転車に乗るのは当たり前と思うかもしれないが、やはり一括りにポートランドと言っても場所によっては結構距離が離れているわけで(私の場合、良いペースで走っても50分くらいはかかる)、ましてや5月はまだまだ雨季の真っ只中だったのだが、自転車という乗り物がどれだけ環境に優しく、そして日に日にエスカレートする交通渋滞の多いこの街で自転車という移動手段がいかに有効的であるかを会社として社会に提示しながら、そこで働くスタッフに還元をするというこの企画は、優秀者には食堂で使えるクレジットが贈られたり、自転車で通勤した日数に応じて有給休暇が与えらる。
 
 
つまりサイクリストにとってみれば、自転車に乗りながら食費や休暇が得られるという願ったり叶ったりな企画なのだ。
 
 
仕事も遊びも常に真剣に向き合うことで、人生をより豊かに彩っていくことができると本気で思っているし、そもそも自転車という遊ぶため生きるための最良のツールを選んだのだから、一度きりの人生を真剣に遊び切りたいと思う。 そしてこの会社にも同じくしてそういった人たちが集まり、日々仕事と遊びに真剣になり、時には一緒になってバカをやったりして、それぞれが力強く転がり続けている。
 
そう、それはまるで漕がなければ進まない自転車のように。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Delivery of Love / サークルズWEBSHOP メッセンジャー配送拡充のお知らせ


サークルズのWEBSHOPでは、配送方法にメッセンジャー配送を選択する事ができます。
私達がペダルパワーを信じているのはもちろんですが、もし発送先が名古屋市内のお住いやお勤め先であれば、単純にサービス内容を比較してもメッセンジャー配送の方が優れています。
つまり、通常配送より安い価格で当日に届くのです。しかも自転車で。
 
新しく、
・名古屋市内全域一律500円
・クレジットカード対応(代引は現金のみ)

に対応しました。
 
以下、配送を担当するデイジーメッセンジャーからのメッセージ。
 


 

Delivery of Love

 
ザ・バンドのファーストアルバム、ミュージック・フロム・ビッグ・ピンクのB面ラスト曲アイ・シャル・ビー・リリーストはボブ・ディランの曲ですが彼の他の曲と同様にその歌詞は様々な解釈が可能です。
 
“They say every distance is not near” 
 
僕はこのフレーズが好きというか、どうもずっと引っかかっています。
“隔てる距離はどれも近いものじゃない”
 
長いことメッセンジャーをやっていて思うのは極々シンプルなこと。
”遠くても近くても距離は距離、縮まることはない”。
近くてラッキーな分時間が厳しかったり、その遠さをうまく処理するために自分と闘いつつ適度にサボったり。
メッセンジャーとはその距離を時間とお金に還元して仕事を楽しみ生活する人たちです。
 
 
便利な時代になったと皆が言う現代は物流というマジックを使って、隔てる距離を感じさせないようにしている時代です。
でもマジックには限界があるしタネもある。再配送無料やコストカットというトリッキーな要望には応えきれないし、そもそもマジックが通じないものは手に入らない。
 
 
サークルズ・ウェブショップ × デイジーメッセンジャーのサイクルパーツデリバリーもちゃんとタネがあるマジック。それは名古屋市内限定だということ。
そうです、これは名古屋の人たちだけへのマジック。通勤途中でパンクしたチューブやリリースされたばかりのウェアやグッズ、誰かへのプレゼント。名古屋市内であればその日のうちにお届けします。デリバリー料金一律500円というトリックもつけて。
 
 
あ、もう一つ、当日配送は15時までの受付分です。
あ、まだあった、再配送は再び500円いただきますのでお気をつけください。。。
あ・・・、続きはサークルズのウェブショップでメッセンジャー配送を選択してご確認ください。。。
僕たちのマジックはナポレオンズのマジックぐらいだとお考えくださいw
 
サークルズWEBSHOP – 配送方法・送料について
http://shop.circles-jp.com/?mode=sk#delivery
 

I Shall Be Released
(B. Dylan)

 
They say everything can be replaced
They say every distance is not near
So I remember every face
Of every man who put me here
 
I see my light become shinin’
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released
 
They say every man needs protection
They say that every man must fall
Yet I swear I see my reflection
Somewhere so high above this wall
 
I see my light become shinin’
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released
 
Now yonder stands a man in this lonely crowd
A man who swears he’s not to blame
All day long I hear him shouting so loud
Just crying out that he was framed
 
I see my light become shinin’
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released
 
 
 

Delivery of Love!!
 
Izuru Shimasaki for DAISY Messenger and Cycle Repair Service
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

走れ!

 
人生一度きり、のんびりしてたらもったいない。
力一杯走り続けたいものです。
 
ま、そんな人生の話ではないですが、もちろん僕はロードやマウンテンバイクに跨ってライドに出かける事もあれば、ここ数年はランニングもしております。
 

時間があれば山間へ向かい、気持ちの良い風が吹き、美しい木漏れ日が溢れ、青い空を見渡す事のできる緑の中を走りまわりたいところではありますが、いつだってそうは思い通りにいかないが現実。 そんな時、短い時間で汗をかき、運動したという充足感と身近な緑を味わう事ができるのが僕にとってはランニングだったりするのです。
 

ランニングで身近な緑を味わうというのも、もしかしたら贅沢な事なのかもしれませんが、ありがたい事に我が住まいは庄内川の堤防沿。 流れる川とその向こうの名古屋の街並みを眺めながら走れば緑豊かな庄内緑地公園に辿り着きます。
 

緑のトンネルをくぐり抜け、時には大きな空を伺う事のできる1周約2.3kmのサイクリングロードを2~4周し、河川敷を戻れば10km前後のほど良い距離を走る事ができます。
 

とくに何か目標を持って走っているわけではないのでペースもそこそこですが、僕なりにとても充足感を味わう事ができるのです。
 
もちろん、ある程度の体力はつけたいし、強い体でありたいなんて思いはあったりもします。
そう、自転車であってもランニングであってもしっかりと楽しみ遊びきるにはそれに応じる体が必要となってくるのです。
 
だからこそ僕はBedrcok Sandalsを履くのです。


クッションも少なくほぼソールのみ、足裏を保護する最低限の形状は多くのスポーツシューズのように体を動かす為のサポートが一切備えられておりません。 では何が良いのか? それは何かの力を借りる事なく、自分自身の力でしっかりと大地を踏みしめ、一歩を踏み出す事のできる体を手にいれる事に繋がるのです。 今まで使っていなかった筋肉が活動し始めている事に気付き、そして怪我をしにくい体ができていく事でしょう。
 

一昨年よりSyncline 2.0を愛用しておりましたが、今年の初旬より新作のCairnを投入。 RAL Tabbyと合わせて寒い時期から運動時には活躍しております。 Syncline 2.0とは使用するソールが異なるのはもちろん、構造も大きく異なり、ストラップの固定力も格段に上がっています。 このストラップの固定力により、ウールがメイン素材のTabbyを履いて走ってもズレる事がなく、またソールのグリップ力と厚さのおかげでちょっとした岩場や砂利道においても足裏に痛みを感じる事もなく安心です。
 
ちなみに4月には兼ねてから望んでいた竜ケ岳山頂へ。 自転車で石榑峠頂きまで行き、そこから靴を履き替え登った際も足元はこのサンダルでした。
 




通常のランニングはもちろん、トレイルランニングやハイクまで幅広いシーンで活躍する機能性を備え、普通にカジュアルウェアと組み合わせるルックスを持っているため、この頃はこのサンダルさえあれば他のサンダルはいらないとまで思っていました。
 
 

しかし、数ヶ月に振りにSyncline 2.0 を履いて店頭に、そして先日久しぶりにランニングにも使用。 やはり素足に近いダイレクト感はやはり刺激的で、何ものにも代えがたいものだと再度気付かされたのです。 最低限足裏を守り、そこから動かぬ固定力を持つだけのものですが、それはき自分自身の体の感覚をフルに活動させるものだと。
 
やはりどちらも今の僕には欠かせないアイテムです。
 
ちなみにここ最近のランニング時はこんな感じのスタイルです。


PatagnoniaNine Trails Shirtはポリエステル100%にもかかわらず肌触りがとても柔らか。 もちろん吸水性、速乾性に優れたものとなっています。
 

下に履くパンツは RAL by Deeper’s WearFAST PASS Active Short。 手にした瞬間わかるその軽さ、履いてわかる通気性の高さと伸縮性。 マドラスチェック柄でスポーティーなルックスではありませんが、カラーリングを整え無地ものと合わせれば雰囲気は良好。
 

もちろんカジュアルウェアとの組み合わせもバランスが良いです。 シャンブレーシャツに白いT-シャツなんていうのが僕の好み。 チェックに限った事ではないですが、こういう柄物のショートパンツは春から夏にかけてのこの時期にだからこそ履きたくなるものですね。
  
 
ここ最近で出来事を踏まえ色々詰め込み気味のブログとなりましたが、まだまだネタはございます。 走り続けていれば色々と楽しい出来事には自然と遭遇してしまいますからね。
 
またの登場ご期待下さい。

 

今回紹介させて頂いたアイテムは、以下リンクよりご購入頂けますので気になった方は是非一度ご確認下さい。

RAL by Deeper’sWear / FAST PASS Active Short
http://shop.circles-jp.com/?pid=117298012
 
BedrockSandals / Cairn
http://shop.circles-jp.com/?pid=109177129
 
BedrockSandals / Syncline 2.0
http://shop.circles-jp.com/?pid=102694794
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GOOD NEWS をお届けします2


 
サークルズのメルマガに登録して下さいね〜と書いた昨年末のポスト、もう一度掘り起こしてアップデートしてみました。
そして、メルマガ登録を促すということは、まもなくセー◯が始まるよという合図(マル秘)。
ケータイのメアドだと届かない事が多いので注意して下さいね。
 
最近(2017年6月)、iPhoneアプリストアのランキングを見ていると有料アプリの1位が、”広告を消す”アプリですね。前回1位だったアプリとは別の高性能版のようです。確かに無差別18禁広告はひどいなと思いますし、ケータイの場合は通信量の増大にもなるので、有料アプリを買ってまで広告を消したい気持ちもわかります。

個人的には広告はクリエイティブの結晶であり、世相を映す鏡のようなものだと思ってどんなものでも興味をもって見てしまうタイプなので、どちらかというと自分のページ閲覧履歴から趣味嗜好にあったもののみ表示される、行動ターゲティング広告といわれる仕組みの方が世界が狭くなりそうで苦手です。
 
amazonなんかでもよくある”これを買った人はこれも買ってます”という、データに基づくオススメはとても便利なので、サークルズWEBSHOPの方でも半自動で表示していますが、ターゲティング広告同様に盲信は思考停止や没個性の元ですので、実際に自分に必要なものは何なのか、機能や費用は妥当か、製品やブランドの背景はどういったものか、という事をしっかり踏まえて比較検討する事も買い物のひとつの醍醐味だと感じています。
 
サークルズは買い物をしていただく場所として、必要な物を必要な人へ、生産者の思いや技術をしっかり伝えられるように、店頭やWEBやイベントなどでしっかりとコミュニケートしていきたいと考えています。 そしてそれにはどうしても広告や広報が必要であり、扱う商品の特性上、伝えたい事が本当にたくさんあって、BlogやSNSの投稿が多くなりがちです。Facebooktwitterinstagramも駆使して発信していますが、どうしても雑多な情報に混ざって流れといってしまいます。

そこで情報伝達をより確実なものにするために、最近ではメールマガジン – GOOD NEWS MAILに力を入れています。
 

  • WEBSHOPの割引クーポン
  • ご紹介前の新入荷情報
  • ブログ記事まとめ
  • おすすめイベント情報

 
など、メルマガだけの情報も多いです。
これまで特定のお客様にお送りしていたセール案内などのハガキは、今年に入ってから全てGOOD NEWS MAILに切り替えました
ご登録がまだの方はこの機会にご登録お願いします。↓のフォームからも登録できます。

※WEBショップをご利用の方はすでに登録されている場合があります。
※ケータイ・キャリアメールのdocomo.ne.jpezweb.ne.jpsoftbank.ne.jpでは受信できない可能性が非常に高いので、PCでもチェックできる個人メールアドレスでのご登録をお願い致します。
 
アドレスを書き込み登録ボタンを押すと、登録確認メールが送付されますので、メール中のボタンを押して登録を完了してください。
 

GOOD NEWS MAIL


登録解除は下記のページのUnsubscribeからお願い致します。
http://circles-jp.com/good-news-mail/
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

父の日に贈る。

 
 
週初めの月曜日、いつもより少し早めに仕事を切り上げて、クリスキングのファクトリーレーサーであるジョシュ・ケリーの家で彼と待ち合わせ。
 
ライドで向かうはダウンタウンより北に位置するポートランドインターナショナルレースウェイと呼ばれる車やバイクのレースサーキット。 6月と7月の毎週月曜日にはポートランドショートトラックというダートでのショートトラックレースが開催されるということで、レースに出るジョシュとともに現地へ向かった。
 
 
30分くらいのライドだったが、ジョシュはレースのアップも兼ねてのライドなので、なかなかのハイペース。 会場についた時点で私は既にお腹いっぱい。
  
レースウェイにあるモトクロスコースと芝生の広場を組み合わせた周回コースでは、もう既に各カテゴリーのレースが始まっていた。 しかもこれから夏に向けては隣のオートレースコースを使ってロードレースも行われるというのだから、そうなると多くのサイクリストでごった返すのであろう。 ジョシュの走るエリートのレースは一番最後ということで、ブリトーを頬張りながら、まずは他のカテゴリーを観戦。
 
皆車種は様々で、マウンテンバイクが大半を占めるものの、中にはシクロクロスで走っている人も多く見られた。
 
 
彼はオールシティーのネイチャーボーイにオマージュを履いて楽しんでいた様子。 やはりここアメリカではグリーンのオマージュが圧倒的な人気を誇る。
 
 
うむ。 速いとか遅いとかではなくて、楽しんだものが勝ちなのだ。
 

 

他にも、エレベーターカフェ&コモンのシェフ、ジェレミーはまだおろして間もないシエロのMTBを操り楽しんでいたし、木漏れ日サイクリングチームのバレンタインもバイクパッキングトリップで使っているブレッドウィナーの木漏れ日で走っていた。 別にレースだからって気張ることなくいつも通り普段から走り慣れたバイクで楽しんでいるのが彼ららしい。
 

 
土の上の乗り物の事となったら黙っちゃいないのが、ブレッドウィナーのトニー・ペレイラ。 まだブレッドウィナーを始める前に自身が製作した10年選手のレトロレーサーで大健闘。 初戦がパンクDNFだっただけにかなり楽しんでいた。
 

 
そしていよいよ最終レースの時間がやってくる。
 
 

 
号砲とともに勢いよくスタートを切り、先頭集団の良い位置でファーストラップを回ってきた。
そのあとは、終始プッシュしながら、あっという間にトップに躍り出て、後続を突き放す。
 
 

 
結果的に40分のレースをこのあと一度も他のライダーに先頭を譲る事なくトップでゴールしたのだった。
 
 
ゴール後は奥さんと一緒に観戦に来ていた愛娘オリビアにハイタッチ。 汗だくなお父さんに少し動揺していたけど、きっと君の目にはお父さんが輝いて見えていたに違いない。
 
それはもう見事なレース展開で、見ていてとても気持ちの良いものだった。
普段からよほどの雨でも自転車でキングへと出勤してくる彼は、キングで働きながらも日常の中でトレーニングの時間をうまく作ってレースをし、週末には愛する家族との大切な時間を過ごす。 ただ速い男ではなく、自転車やそれを取り巻くコミュニティー、そしてヒトに対するリスペクトの気持ちを常に持っているからこそ、みんなに愛されているのだ。
 
オリビアちゃん、君の父ちゃんはすごいんだぞ。
 

 
Thanks Josh for taking me to race and Congratulations on your 1st place!!
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Try QUOC / NIGHT Campaign!!

 
長かった開発期間を経て、ようやくこの春より販売が始まったQUOC / クオックのパフォーマンスロードシューズ、NIGHT / ナイト
 
 
おかげさまでご好評をいただいており、第一便には間に合わなかったホワイトカラーも加わり、現在は全ラインナップが出揃っております。
 
彼らの十八番であるレザーアッパーモデルの履き込むほどに馴染んでいくさまは、レザーサドルのそれと同じく、乗れば乗るほどライダーの足型にフィットし、ロングライドや長きに渡り使い込むことを想定してもシューズを非常にお勧めできるものです。
 
そして今回のナイトで新たに用いたマイクロファイバーアッパーのモデルは、レザーには劣るもののそれでもなお足に馴染む履き心地を備え、レザーに比べて軽く、そして汚れなどの手入れもしやすくできているので、より多くのサイクリストにお勧めできるものとなっています。
 

 
 
以前のポストにもある通り、私自身はマイクロファイバーを履いておりますが、その足通しは想像以上にストレスがなく、今では履き込んでだいぶ馴染んできました。 これから夏へ向けて、熱がこもることを危惧される方もいらっしゃいますが、アッパーとソールにはベンチレーションが備わっており、通気性もよく、夏場はシンセティック系のソックスと組み合わせれば快適にライドを楽しむことができます。
 

 
気になるフィッテングに関しては、クオックの従来のラインナップにあるFIXED / フィクスドのラストを元に作られた、クオック独自のサイズ表記となります。 このモデルは従来なかった40(24.5cm)サイズもラインナップされており、より多くの方にお求めいただけるようサイズレンジが広がっているのもポイント。
 
サイズ:Quoc Pham独自のサイズ表記です。
40(24.5cm) – 41(25.5cm) – 42(26.5cm) – 43(27.5cm) – 44(28.5cm) – 45(29.5cm) – 46(30.5cm)

 
もちろん、サークルズ店頭では全てのカラー・サイズ共に揃えておりますので、まずはぜひ一度ご試着ください。 そして、遠方にお住いの方にも安心してお買い求めいただけるようにキャンペーンをご用意しました。
 


Try QUOC / NIGHT Campaign!!

 
QUOC製品をWebshopにてお買い求め頂いた際、万一サイズが合わなかった場合はサイズ交換無料にて対応させて頂きます。(往復の送料は当方が負担致します。)
 
期間:6月16日~6月30日
 
対象商品:NIGHTはじめその他のQUOC全商品が対象となります。
  

ご購入はこちら

 
※在庫が無くなってしまった場合は別カラーに変更頂く場合もございます。
※2回目のサイズ交換については往復の送料をご負担下さい。

  
サイズがわからない、という点でご購入を迷っていた方は是非この機会をご利用ください。
ご不明な点があれば、Contactよりお問い合わせも承りますのでお気軽にどうぞ。
 
梅雨が明けてすぐにライドで活躍するシューズですのでこの機会をお見逃しなく!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6月19日月曜日、「創作居酒屋えんぎや」がヘジホをジャック!!

どうもジャスです!
 
いつだったか、アーリーバーズ店主のケータと岐阜県可児市の創作居酒屋えんぎやさんへ行った時の事。
 

JUS&ケータ「はぁー、今日も美味しかったぁー!!また今度ライドしてみんなと来ますね〜!!」
 
えんぎや店主「いーいー!!気ー使わんでいー!!来んでもいーって!!笑」
 
JUS&ケータ「いやいや、来ますって〜笑」
 
えんぎや店主「大丈夫。俺が行くでいーって!ケータ、キッチン貸してくれ!!」
 
JUS&ケータ「えっ!それめちゃ面白くないっすか!?マジで来て下さいよー!!やりましょうよー!!」
 
なーんて会話をしてたのを覚えています。
 
あの日から数ヶ月後…何と!!!
 
アーリーバーズの夜の顔、ヘッジホッグダイナーに出店して頂くことが決定いたしました!!
 
ライドアライブ2015にて、ドラム缶で作ったグリルでイノシシを焼き、僕たちに衝撃を与え、グルメセンチュリーライド2016の朝食ではケータ&クリス・ディミーノとタッグを組み、ライド前の参加者の胃袋を満たし、記憶にまだ新しいライドアライブ2016では「おばんざい屋えんぎや」として最高にうまいおばんざいと、日本酒で参加者をノックアウトさせていた!!
ご存知、岐阜県可児市の「創作居酒屋えんぎや」の、かっちゃんこと林桂治さんがヘッジホッグダイナーに美味しい日本酒と、とれたて新鮮なお刺身、おばんざいを用意してヘジホのキッチンをジャックします!!
 

 

月曜ヘジホ by えんぎや
日 時 2017年6月19日(月)
場 所 HEDGEHOG DINNER
⚠️開催は月曜日ですのでお間違いなく!!
⚠️23日の金曜のHEDGEHOG DINNERはお休みとさせていただきますのでご了承下さい。
 
6月19日月曜日、ヘッジホッグダイナーは、えんぎやナイト!!うまい刺身とおばんざい、そして日本酒&ビールで乾杯しましょう!!
皆様のご来店お待ちしております!! 
 
JUSでした!!
バーイ!センキュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

久々にPAULのウォーターボトルの入荷だよ!!

ティーっす!
ジャスだよ!
 
ポールさんから「あのステッカー」のデザインがあしらわれた、ウォーターボトルが届いたよ!!数が少ないから早い者勝ち!!
 

【Paul Component】Water Bottle 2017 ¥2,400(税抜)

僕、昔無地のボトルを買ってポールのこのデザインに使われているステッカーを集めてペタペタ貼って作った事があるんですが…(全然カッコ良くできなかった…)
やっと発売してくれましたね、ポールさん!!しかもカッコいい!!
ポールユーザーの方もそうでない方もいかがでしょうか!
 
ジャスでした!
バーイ、センキュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です