安心安全のサンドイッチパワー!!

 
久振りにロングスキッドし過ぎてリアタイヤで、次はVITTORIAのRandonneurにしようかなーと考え中のフィクスドボーイのカモです。
 
昨夜開催されたCHILL!!準備運動編のトリ練には、名古屋の自転車乗りはもちろん、三重や岐阜、掛川、豊橋など遠方の方も来てくださって寒さを忘れるくらい盛り上がりましたよ!
 

 


 

 

 
来月のCHILL!!は第3金曜日の2月17日です!詳細はまだ内緒ですが、1回目なのでアーレーキャットをやります。ロングスキッド大会でリアタイヤが擦り減ってしまった人たちは忘れずに準備しておいてくださいね。
 
トリ練の中でも一番盛り上がったのはスタンディング大会でした。スタンディングとは地面に足を着かずにピタッと止まり続ける技のことです。(実際の様子は、CHILL!!に来ると見えたりしますよ)

 
最初はハンドルを両手で持ったままですが、片手を離し、両手を離し、片足を離し、と順々にレベルアップしていきます。
自転車は僕ら人が乗っていればスタンディング出来るのですが、どうしても自転車だけでスタンディングしてほしい時もありますよね。
 
街中で駐輪しようと思ったけど立て掛ける壁やバイクスタンドが見当たらない時、ツーリング中でパニアバッグやサドルバッグから荷物を取り出したい時、意外と普段の生活の中でもそんな場面があったりしますよね。 とまぁ、半ば強引な形で自転車のスタンドについてのお話をしようと思います。 というのも、SURLY/サーリーから、かゆいところに手が届くナイスなアイテムが入ってきたからです。
 

 
その名の通り、キックスタンド(センタースタンド)を装着する時に使用するプレート。
ただし、対応するのはツーリングモデルであり荷物を積むシーンが多い、Long Haul Trucker/ロングホールトラッカーDisc Trucker/ディスクトラッカーの2車種のみに対応するという、良くも悪くもかゆいところに手が届くものです。
 

 
このアイテムの味噌は溝です。チェーンステーにピッタリはまるようになっているこのプレートでサンドイッチすることで、ズレとフレームへのダメージを抑えてくれます。
 

   
続いて裏側の取り付けですが、プレートとリアディレイラーのインナーワイヤーに干渉してしまいます。このままだと変速の調子が悪くなってしまうだけでなく、インナーワイヤーが削れて、最悪の場合には切れてしまうこともあります。
 
そこで役に立つのがコレ!
 

 
そうです、何の変哲もない短く切ったシフトアウターワイヤーです。コレを干渉するところに入れるだけ、インナーワイヤーがしっかりガードされます。
 

 
これでスタンドを取り付ける準備が整いました。
今回使用したスタンドはESGE/エスゲのダブルレッグスタンド。エスゲのスタンドは切って長さを調整するため、シンプルかつ頑丈なのが特徴です。
 

 
ネジにはしっかり緩み止めを塗りましょう。これも安心して自転車に乗るために重要なポイント。
 

 
スタンドが真っ直ぐになるようにしてネジを締めていきます。
 

 
BB裏に取り付けることのできるスタンドは、畳んだ時のシルエットがキレイに見えます。
 

 
これでどこにも安心して自転車を立たせることができます!
そして、カーゴバイクやもっと重たい荷物を載せる自転車にオススメなURSUSのダブルレッグキックスタンドが再入荷しています。こちらは以前にブログでも紹介しているので要チェックです!
 
というわけで、ロングホールトラッカーやディスクトラッカーにお乗りの方でスタンドを導入しようと思っている方や、既に導入している方も是非ご検討下さい! なぜかサーリーさんは1枚単位での販売をしておりますので、取付の際は2枚お買い求め頂くようお間違えなくですよー!
 

グローブにも”至極”のすすめ。

 
持論ですが、値段が高い・安いということはあまり言わない方が良いなと思っています。 なんかこう、言ってる人自身が安っぽい人間になってしまう気がして。 もちろん、値段というものはどんなモノ・コトにもついてまわる1つの価値基準かもしれませんが、高いには高いなりの理由があり、安いには安いなりの理由があるのです。
 
で、サークルズでよく高いと言われるブランド、ASSOS/アソス特にレーサーパンツにおいては個人的にも絶対的な信頼を寄せているブランドです。 常に進化し続けるブランドとしてウェアをエキップメントとして捉え、この厳しい冬も物ともせずに闘い抜けるエキップメントを生み出しています。
 

【Assos/アソス】 bonKa Glove/ボンカグローブ ¥14,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
手がかじかむような寒い冬のライド。 指先の感覚が無くなるほど厳しい状況においても、アソスのラインアップで最も暖かいボンカグローブがあれば乗り切ることができます。 ただ暖かいだけではなく、その防寒性を感じさせないほどしなやかな仕上げとなっており、操作性を損なわずに快適にライドをすることができます。 甲の面には防水性の高い素材を使っているので、多少の雨や雪にも対応。 実際、私自身もこのグローブのおかげで雪が降ろうがライドを楽しめているといっても過言ではありません。
 
【Assos/アソス】 shell Gloves/シェルグローブ ¥8,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
 
真冬用のグローブとしてボンカグローブを選ぶ事は間違い無い選択なのですが、今あるグローブを活かすという方法もあります。 このシェルグローブは、ロングフィンガーグローブの上に重ねる事で防風性を手に入れることができるレイヤリンググローブです。 今お使いのグローブに被せることで急な冷え込みにも対応でき、薄手で生地により操作性を失う事がないだけでなく、不要になったらジャージのポケットにも気軽に収められます。
 


そして、ただの防風グローブでは済まないのがアソス。 防水性の高い生地(縫い目の処理はしていないので完全防水ではありませんが)を使っているので、雨の日のレイヤリンググローブとしてもその力を発揮します。 サイジングの目安としては、S-Mサイズのグローブをお使いの方は サイズ:Ⅰ を、Lサイズをお使いの方は サイズ:Ⅱ をお選び頂くことをおすすめします。
 
思いきって買い替えるのもおすすめですが、今あるものを活かしつつ、冬を快適に過ごす事という選択もあるのです。 ウェアに手を出すのは勇気が要るかもしれませんが、デイリーライドからシリアスなライドまで、冬のライドにおけるグローブはどんなライダーにとっても欠かす事の出来ないものだけに、こういったアイテムからアソスの信念を感じてみてはいかがでしょうか?
 

温かさと共にあらんことを

 
この前の#BikeTo 映画でしゃべらナイトでSTAR WARS ローグワン(Episode3と4の間のストーリー)を見て、「そういえばEpisode3って見てたっけ?…確か4は見たような…」と悩んでいるうちにレンタルビデオ屋に到着していました。
 

 
そして気付けば、公開順ではなくEpisode1から6を見るという暴挙を行い、ついに昨夜はEpisode7となるフォースの覚醒を見終わりました。 まだ見てない人もいると思うのでネタバレは出来ませんが、あのキャラがまさかね…とか、え!? そんな繋がりが!? なんて、シリーズものならではの楽しさがありますよね。
 
そんな中、Episode4から登場する密輸業者のハン・ソロの相棒であり、誰もを優しく包み込むような大柄な毛むくじゃらのチューバッカを愛称の「チューイー!」と呼ぶたびに、どこかで聞いたような…と引っかかっていました。
 
なんだったかな… 確かに聞いたことあるよな… こんな時、フォースが使えれば…… !!!
そうだ! Chuey Brand/チューイ ブランドですね!(注・フォースは使っていません。)
 

 
チューイ ブランドは、チューバッカのように大柄で毛むくじゃらではないけど、誰もを優しく包み込むような手作りのキャップが印象的な、カリフォルニア州サンフランシスコのメーカーです。
チューイのアイテムに使われている生地は、1960~80年代に作られたペンドルトンのヴィンテージ・スカートやジャケットなど、おもにスリフト・ショップ(いわゆる中古品店)で見つけることができる布地たちです。 また、裏地などに使われているカラフルな生地は、アフリカに住む父親を訪ねる時に現地にて見つけてくるもので、どれも当たり前のようにセンスがよく、作りであるチューイの温かい人柄を感じることができます。
 

 
温かみのあるコットン生地ですが、ヘルメットの下に被りやすいのでサイクリングやツーリングなどをカジュアルなスタイルで楽しむサイクリストにはもってこい。もちろんサイクリストだけでなく、毎日の通勤やお買い物など自転車を生活の一部として使っている人にもピッタリ。
カラフルなカラーバリエーションには、チューイと馴染みのあるカリフォルニアのビルダーたちのロゴも刺繍されています。
 

 
寒風吹きすさぶ今の季節は、耳当て付きのフラッピー キャップがオススメ。つま先は靴下、指先はグローブ、耳はキャップで防寒してあげましょう。
 
また、チューイが生み出すキャップには日常のライドシーンでも、自転車に乗っていない普段のライフシーンにおいても、愛着を持って被ってもらえるデザインのキャップもあります。
 

 
作り手のチューイのセンスとこだわりで、ひとつひとつ異なる柄、質感の生地が組み合わせられています。 そのシルエットはシンプルで様々なカジュアルウェアに自然と馴染むため、玄関から出る前にサッと手に取って被る、なんてことにも応えてくれますよ。
 
また、キャップで気になるのはサイズですよね。 クラシック、フラッピー、フロッピーの3つとも、多くの人がストレスを感じることなく被れるように少し大きめサイズ感となっていますので、サイクルキャップでいつも小さいなーと感じている方にはもちろんジャストフィット。 それでいて、程よい伸縮性があるため写真のあっちゃんの様に女性の方でもしっかりとフィットします。
 

(どことなくフォースが使えそうな雰囲気とフィクスドガール感が漂っています。)
 
 
こんな温かくなるキャップを手に入れたら、寒さなんて気にせずにお外で元気に自転車で遊びたくなりますよね? そんな方に、打ってつけのイベントが明日21日(土)に行われるって忘れてはいませんよね?
 


-CHILL!!準備運動編-

 
来月から毎月第3金曜日に開催するナイトオリエンテーリングCHILL!!/チル!!の準備運動編として、酉年の鳥連ならぬ、ha.cho.88氏を講師にお迎えしたトリック練習をやりますよ。
もちろんピストだけじゃなくて、ロードだけどスタンディングしてみたい、ピストに乗ってみたい!、ママチャリ以外のチャリに乗らせて!なんて貴方も貴女も大歓迎です!
 

 
気になる人は21時に白川公園グラウンド南側に集合!(ライト必須でお願いします!
トリック練習だけじゃなくて、スタンディングやロングスキッド大会もやりたいなーとワクワク考えてますよ! 一緒に遊びましょう!
 

アダムさんのカレンダー。

 
リトルプレスの自転車辞典とポスターが大変好評な、ミュンヘンのグラフィックデザイナー、アダムさんことアダム・ベル氏による2017年のバイシクルカレンダーが到着しました!
 

Adam’s 2017 Bicycle Calendar ¥1,800円(税抜)

1月〜12月
サイズ : 210 x 297mm

 
ご購入はこちら

 
表紙の袋に描かれているタイトルのUmwerksとは、アダムさんが所属するデザイナーショップ。 そのメンバーが自転車をテーマにイラストレーションしたのが今回のカレンダーです。 ヘッドバッヂコレクションの1月、難易度高め自転車間違い探しの4月、イカしたピンクのクルーザーの分解図は7月、9月は自転車でくるみ割りするリス、カーゴバイクに乗るサンタクロースの12月。どの図案もアイデアに富んでいてとても楽しいものになっています!
 
自宅の自転車スペースや、お子さんのお部屋に、もちろんプレゼントとしても大変喜ばれるカレンダーとなっております。 入荷数に限りがございますのでどうぞお早めに。
 

 
そして、カレンダーと合わせて、ロングセラーを誇る自転車図鑑とポスターも再入荷しております。
 
もともと、アダムさんが自分で自転車を直すためにインターネットで修理方法を検索したり、ebayでイタリアから古いパーツを買ったりするうちに、同じ部品でもそれぞれの国や言語に対応した素晴らしい名前があることを発見し(例えばチェーンリング、イタリア語では”corona”コロナ)、名前でソートされた部品のイラストによる図解、というこの自転車事典のアイデアを思いついたのが、製作のキッカケ。
 
「自転車にあれこれに関するマルチランゲージのリストがあるといいなと思ったんだ。でもインターネットではいいものがないし言語も自分が知りたいものはなかった。それじゃあ自分で作ろうって思ったんだ。イラストも付け加えてもっと探し物が見つけやすいのをね。そしてポケットに入れて旅したり、ワークデスクの上に置いておけるよう本という形にしようって。」- そうアダムさんは言います。
 
最新の電動コンポや、新しいBBの規格といったトレンディーなものではなく、ここで取り上げられている自転車は、昔からあったようなよくある自転車。 そんな手軽で楽しい自転車という乗り物を、より身近なものとして感じて頂けるものです。 インターネットで何でも情報が手に入れられる現代だからこそ、アダムさんが作ったこれらのペーパーは手に取った人の自転車生活がより豊かになるものだと思います。 是非店頭で手に取ってみて下さいね。
 
 

大切なのは皮下脂肪の薄いところを暖めるって事!!

 
ジャスティーッス!!
 
ジャスですよ。
 
寒い、寒い、言ってたってノージンジャー。どんどん外へ出て遊びましょう!
今回は自転車に乗っているときも、そうでないときも身につけておくと暖かい、Aclima/アクリマ のアイテムをご紹介します。
 
アクリマはノルウェーで1922年に発足。
繊維業界をリードし、現在はエスト二アに自社工場を所有していますが、品質管理はノルウェー本社にて厳重に管理をしています。 また、その品質はNATO加盟国軍で着用されるなど、ウールウェアのもつ保温性や清潔感、機能性がヨーロッパで評価されています。
 
 
そんなアクリマのリストゲーター、ネックゲーターを身につけたアーリーバーズの新しいスタッフ「あっちゃん」に注目。
 
どんなに着込んでも寒い!! そんな時は「手首と首を暖めるべし。」
 
皮下脂肪が少なく血管が透けて見える手首は、血液を通じて熱が逃げやすい箇所にあたります。 同じ特徴を持つ首周り同様、ここを保温してあげるだけで体感、特に手先の感覚は大きく変わるのです!
 
【Aclima】 DesignWool Marius Pulse Heater ¥4,000(税抜)
 

自転車に乗っている時はもちろん、秋冬のハイキング、キャンプ。手が冷えやすいので薄手のグローブだと少し不安。 でも分厚いグローブだと大げさだし、歩いている時は暑い。 そもそも分厚いグローブだとジップの上げ下ろし、靴ひもの結び直しやテントの設営など作業がやりづらいいですよね。 毎回グローブを外して結局素手で作業をしている、なんて事も。
 
そんな時に薄手グローブとリストゲーターを併用すれば、作業のしやすさと手先の保温がある程度のレベルで両立できるのです。
 
【Aclima】 DesignWool Marius Headover ¥4,000(税抜)
 
ネックゲーターも同様に体の保温には欠かせないアイテムです。 自転車に乗っている時にマフラーは実は大変危険な事も。 知らないあいだにマフラーがほどけて裾が車輪に絡まって…なんて事も実際にあった事故です。
 
 
ネックゲーターは鼻、耳までしっかり隠せるので、自転車に乗っている時の風の冷たさもガードできます。
 
今回はアクリマをフォーカスしましたが、その他にもパワーフーディーでおなじみの フーディニ のフリース生地を使ったリストゲーターや、ネックゲーターとしても使えるパワーハットなどのラインナップもストックしています。 こちらもラン&ハイクはもちろん、自転車や日常使いにもとても使いやすいので是非店頭にてチェックしてみて下さいね!
 

Ride into the snow…

 
寒波の到来により、ここ名古屋でもこの冬初めての雪が降った週末、昨日開催される予定だった東海シクロクロスのレースがキャンセルになるという発表がされたのは土曜日のこと。 普段中々雪が降る事のないこの地域ですからノージンジャー。 安全を最優先し素早い発表をされたオーガナイザーに敬意を表しながらも、でも心の中では、せっかくの雪だからこのチャンスを逃さないぞという思いもあり、特に打ち合わせをしたわけでもないのですが、日曜日の朝、僕らは尾張瀬戸駅に集まりました。
 
 
いつも走り慣れている瀬戸のあたりは一面真っ白。 本当はレースに出るつもりだったみんなもCXバイクに跨がり、新雪が降り積もったグラベルへと舵をとりました。 そこには先客らしい動物の足跡があるのみで、フカフカのパウダースノーが僕らを待っていたのです。
 

 
道路脇の温度計は-1°という数字を示すなか、必死にペダルを漕ぎ進め山の中へと入っていった頃には、寒さに震えながら家を出たことが嘘のように、身体中が暖まり、寒さを忘れて楽しんでいる自分たちがいました。
 

 
踏みしめる雪の音や、風の音、キンと冷たい空気に全ての神経を集中しながら、己の信じるラインをトレース。 うまく進まなくてバイクを担いで進んでいく僕らはさながら雪中行軍のようだったでしょう。
 
 
今回のライドの発起人。 前の日に雪の積もり具合をわざわざ写真で送ってくれた彼は、カフェドゥシクリステの冬の定番ハイディウインタージャケットに、サーチアンドステイトS1-J ライディングジャケットで完全防寒。 足元にはクオックファムアーバナイトミッドにゴアテックスのソックスをミックスしています。
 
 
そしてそんな彼の誘いにまんまと釣られた人。 同じくハイディウインタージャケットの中には、パタゴニアサーマルスピードワークジップネックをベースレイヤーとして。 上に羽織ったベストは下るときの保険ですが、2枚のレイアリングで十分に対応できました。 やはり冬はベースレイヤーで決まります。 そして、2人ともボトムにはビブタイツの上からディーパーズウェアファストパスベイカーを重ねるというコーデが偶然の一致。
 
 
時間にして2時間にも満たないライドでしたが、レース以上に楽しめたスノーライド。 なんで僕がシクロクロスバイクに乗っているかというと、こうやって冬のライドが楽しめるからなんだっていうことを再確認した昨日のライドでした。 勇気を出して布団から飛び出せば、レースでなくてもこんなに楽しめる世界があるのです。
 
街での日々のライドや、今回のような冒険ライドまで、この寒い冬を楽しく乗り切るためのプラスαのアイテムたちを色々取り揃えてお待ちしております。
 

酉年?鳥練?トリック練習!?

 
今年は酉年ということでカモな僕の年だ!と少しウキウキしていたら、2017年もいつの間にか2週間が過ぎましたね。
僕の年始を思い出すと、鴨オレンジで岐阜県の池田山に登って初日の出を拝み、
 

 
MITTS COFFEESTANDさんにお邪魔してから、自転車で熱田神宮へ初詣。
 

初詣前にMITTSさんで一息。

鴨ちさん(@kamochi150)が投稿した写真 –

  
大阪で友人たちとピストバイクで2回目の初詣とアーバンライド。
 

後厄fever… #ハイシンダー #ハイシンダー初詣

鴨ちさん(@kamochi150)が投稿した写真 –

 
気付けば自転車に乗ってばかりですね… でも寒い時期だから外で遊ぶと、ひんやりとした空気がシャキッとさせてくれて気分がリフレッシュするので楽しいんですよ!
みなさんのお正月はどうでしたか? 「正月や寒い日まで自転車に乗らなくてもいいでしょー」「コタツに入ってミカンと雪見だいふく食べようよー」な~んて怠けちゃっていませんでしたか?
 
そんなことでは、来月2月から始まるCHILL!!/チル!! に乗り遅れちゃいますよ!
 
CHILL!!ってなんのこと?と思った方、
CHILL!!とは、MASH PREMIUM アーレーキャットを皮切りにほぼ毎月開催していた色んなアーレーキャットを、パワーアップ&ボリューミーにしたお外で元気に自転車で遊べるイベントです。
アーレーキャットと聞くとピストバイクでレースみたいなイメージがありますが、CHILL!!ではどんな自転車でもどんな方でも楽しめるナイトオリエンテーリングになっています。
 
CHILL!!は毎月第3金曜日の夜に開催していくのでお楽しみに!
じゃあ、2月からっていうことは今月はやらないの?
 
いや、やりますよ!
 

 
 
今月は来週21日(土)にCHILL!!準備運動編と題して、名古屋のトリックスター(と僕が勝手に呼んでいる) ha.cho氏を招いたトリック練習をやりますよー。
 

 
ピストに乗ってるけど、トリックやってみたい!スキッドが出来ない!という貴方や、ピストに乗ってみたい!そもそもピストって何??という貴女、暖かい部屋から飛び出してお外で遊びましょう!来週21日(土)の21:00に白川公園のグラウンド南に集合ですよ!
※今月は第3金曜日ではなく土曜日ですのでお間違えなく

Mr.Pink LTD…

 
名古屋も久しぶりの雪に見舞われたこの週末、そんな中ネットやSNS上でその登場が話題になったのは、ALLCITY/オールシティから2017年1台目のリリースとして発表されたMr.Pink LTD/ミスターピンクリミテッド
 
 
オールシティのフラッグシップモデルであるミスターピンクは、ロードレーサーでもなければ、ツーリングバイクでもない、ミディアムリーチのキャリパーブレーキに対応し、32cまでのタイヤクリアランスを持ったモダンなスポルティーフと呼ぶのがふさわしいバイクです。
 
【Allcity】 Mr.Pink LTD FrameSet ¥140,000(税抜)
 

ご購入はこちら

 

 
どんなところがリミテッドかと言いますと、今までのモデルではスチールフォークを装備していたミスターピンクなのですが、リミテッドエディションではこのフレームのために設計されたウィスキーパーツ製のロードプラスカーボンフォークが標準されているのです。
 
32cまでのタイヤクリアランスを有するミディアムリーチのカーボンフォークにはフェンダーマウントまで備わっています。 ミディアムリーチ対応のカーボンフォークといえば、思い浮かぶのはセブンのオリジナルフォークか、ワウンドアップの2択だっただけに、新たな選択肢として非常に期待できるものです。
 
メインチュービングにはコロンバスのゾナを用い、フォークのアップデートにより大幅な軽量化に成功しているのですが、ミスターピンクのコンセプトを崩す事なく、軽やかな走りを実現しています。
 
Photo By The Radavist
 
特徴的なカラースキームは、90年代に活躍したモトローラサイクリングチームのエディメルクスからインスパイアされたもの。 スチールフレームに対して、カーボンフォークを組み合わせることで得られる重量や走りのアドバンテージは確実に大きいのですが、マスプロダクションの中でこういった純粋にロードライディングを楽しもうというコンセプトをしっかりと自分たちらしく表現しているオールシティには好感が持てます。 日々バイクを使い切っている彼らからの視点で作られるバイクには今後も要注目です。
 
そこそこハイテンポなオンロードライディングもこなせて、ダートや砂利道のような未舗装路も安心して走りきれるバイク。 この一台で日常と遊びの境界線をなくして使い切るのであれば、思いきってフェンダーをアッセンブルするのもよいですね。 さぁ、あなたはどんなアッセンブルで組みますか? お気軽にご相談下さい。
 
限定数の生産となっているこちらのフレーム、サークルズにはサイズ49cmのフレームが入荷して参りました。 入荷数も少なく、既に46cmを除いたすべてのサイズが完売となっている模様なので、ご検討されている方はどうぞお早めに。