大切なのは皮下脂肪の薄いところを暖めるって事!!

 
ジャスティーッス!!
 
ジャスですよ。
 
寒い、寒い、言ってたってノージンジャー。どんどん外へ出て遊びましょう!
今回は自転車に乗っているときも、そうでないときも身につけておくと暖かい、Aclima/アクリマ のアイテムをご紹介します。
 
アクリマはノルウェーで1922年に発足。
繊維業界をリードし、現在はエスト二アに自社工場を所有していますが、品質管理はノルウェー本社にて厳重に管理をしています。 また、その品質はNATO加盟国軍で着用されるなど、ウールウェアのもつ保温性や清潔感、機能性がヨーロッパで評価されています。
 
 
そんなアクリマのリストゲーター、ネックゲーターを身につけたアーリーバーズの新しいスタッフ「あっちゃん」に注目。
 
どんなに着込んでも寒い!! そんな時は「手首と首を暖めるべし。」
 
皮下脂肪が少なく血管が透けて見える手首は、血液を通じて熱が逃げやすい箇所にあたります。 同じ特徴を持つ首周り同様、ここを保温してあげるだけで体感、特に手先の感覚は大きく変わるのです!
 
【Aclima】 DesignWool Marius Pulse Heater ¥4,000(税抜)
 

自転車に乗っている時はもちろん、秋冬のハイキング、キャンプ。手が冷えやすいので薄手のグローブだと少し不安。 でも分厚いグローブだと大げさだし、歩いている時は暑い。 そもそも分厚いグローブだとジップの上げ下ろし、靴ひもの結び直しやテントの設営など作業がやりづらいいですよね。 毎回グローブを外して結局素手で作業をしている、なんて事も。
 
そんな時に薄手グローブとリストゲーターを併用すれば、作業のしやすさと手先の保温がある程度のレベルで両立できるのです。
 
【Aclima】 DesignWool Marius Headover ¥4,000(税抜)
 
ネックゲーターも同様に体の保温には欠かせないアイテムです。 自転車に乗っている時にマフラーは実は大変危険な事も。 知らないあいだにマフラーがほどけて裾が車輪に絡まって…なんて事も実際にあった事故です。
 
 
ネックゲーターは鼻、耳までしっかり隠せるので、自転車に乗っている時の風の冷たさもガードできます。
 
今回はアクリマをフォーカスしましたが、その他にもパワーフーディーでおなじみの フーディニ のフリース生地を使ったリストゲーターや、ネックゲーターとしても使えるパワーハットなどのラインナップもストックしています。 こちらもラン&ハイクはもちろん、自転車や日常使いにもとても使いやすいので是非店頭にてチェックしてみて下さいね!
 

寒い冬を乗り切るために!

 
来週末の野辺山は寒くなりそうですね。 ここ名古屋も来週から冷え込むようですが、きっとあちらは比べものにならない寒さなのでしょう。
 
まぁ、ひとたびレースを走り出してしまえば、身体は一気にヒートアップするので心配ないですが、レース前のウォーミングアップや待機している時はさすがにレーサーパンツでは寒いですよね。 ましてやレースに出る方を応援するご家族やご友人の方々はさらに寒い思いをするのだから、防寒対策はとても大切。 そこで、野辺山対策(?)じゃないですが、クロスレースの現場はもちろん、冬のアクティビティや普段使いにも活用できる温かいボトムのご紹介です。
 
Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS【Deeper’s Wear/ディーパーズウェア】 DEFENDER RIB PANTS/ディフェンダーリブパンツ ¥20,000(税抜)
 
ご存知ディーパーズウェアからリリースされたディフェンダーリブパンツは、おかげさまでご好評頂いているRAL/ラルのディフェンダーシャツと同様に、保温性の高い中綿をキルティングしたイージーパンツ。 最近履く機会が多いですが、とにかく温かく朝晩の通勤ライドでとても重宝しています。
 
Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS

Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS 
ウエストはベルトではなく紐で締めるタイプで、このパンツを初めて見た時に、「シクロクロスレースの会場で、レーサーパンツの上から履くのが調子良さそうだ!」と思ったのですが、実際に履いてみるとそのイメージの通り、イージーパンツのような感覚で気軽に履けるパンツなのですが、そこはさすがのディーパーズウェア。 ストンと落ちる形ではなく、気持ちテーパードがかかった細身のリブパンツに仕上げているので、日常的にも使いやすい一本に仕上がっています。
 
Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS 
ご覧のように女性が履いてもかわいいシルエット。 これで寒いレース観戦も安心ですね。 程よい細身なシルエットと、リブのおかげで、チェーンリングへの巻き込みの心配もありませんし、このリブは体温を逃がさないという役目も担っています。 カラーはカーキとネイビーの2色展開。 女性サイズも揃っていますので是非お試し下さい。
 
Houdini Sleepwalker【Houdini/フーディニ】 Sleepwalker/スリープウォーカー ¥16,000(税抜)
 
変わってこちらは、スウェーデン生まれのアウトドアウェアブランド、フーディニのスリープウォーカーと呼ばれるインサレーションスカート。 フーディニが独自に開発した、速乾性と撥水性に優れるEco Sphere™というリサイクル素材を中綿に使用し、どんなときでも保温性を保つアイテムは、冬のキャンプでは寝袋に重ねて使用したり、そして寒い日のタウンユースとしても便利なアイテムです。
 
Houdini Sleepwalker

Houdini Sleepwalker 
フルジップのおかげで、足を通さずとも脱着がしやすく、またボタンで留める事でポンチョのように羽織ったり、膝掛けのように使う事もできます。 また、リバーシブルになっており、その日の服装に合わせて使い分ける事ができるだけでなく、片面は耐久性の高いSwitch Woven™、もう片面は軽量なSpinner Ripstop™の素材を用いているという抜かりのないつくり。
 
Houdini Sleepwalker 
ビブタイツを履いた上からも気軽に脱着ができるので、レース前の待機中やウォーミングアップ前にも気軽に履くことができます。 ウエスト・裾ともにドローコードで調整が可能となっており、裾のドローコードを絞って広がりを抑えて外気を抑えることができたりと、とても幅広い使い方ができるインサレーションスカート。
 
Houdini Sleepwalker 
勘の良い人はお気づきだと思いますが、このスリープウォーカー、厳しい寒さにおいては、先に紹介したディフェンダーリブパンツと合わせて頂く事で、より高い防寒性能を発揮します。 野辺山観戦対策としては隙がない組み合わせですね。
 
本日紹介した2着のボトムスは、レース観戦以外にも冬のライドや日常生活においての様々なアクティビティで役に立つアイテムです。 どうぞお気軽に店頭でお試し下さい! 寒い冬こそ自転車を楽しむために。 快適なウェアでこの冬を乗り切りましょう!

Road Trip to Tokushima.

 
先週の火曜日から木曜日にかけて、夏休みということで徳島にロードトリップへ。
その一番の理由はこのお店を訪ねることでした。
 
 
遡ること7月の話。今年で6周年を迎えたシオカゼストアさんが、彼らの主催するキャンプライドで忙しい頃、RIDEALIVE2016で一緒に遊びませんか?とお誘いをしたのがはじまり。
 
彼らはすぐさま参加表明をしてくれ(しかも返事を頂いた時点で既にルートのプランニングを立てくれていました)、当日はフェリーで本州へ渡り、大阪から自走でキャンプ場まで駆けつけてくれたのです。
 
そんな彼らに「次は徳島で!」と言われれば、行かない理由はありません。
月曜日の夜に、相方の仕事が終わってからレンタカーに自転車と釣り竿、キャンプ道具を詰め込んで、徳島に到着したのは日付が変わる頃。
 
秋雨前線が停滞し、雨予報となる中、ライドの約束をしていたシオカゼストアのボス、フルさんとお店で待ち合わせ。当初予定していたルートを変更し、市内からアクセスしやすい眉山をライドする事に。
 
WithBicycle Shiokazestore 
今は無きSASのアロハジャージを一番クールに着こなす彼のスタイルはWithBicycleでも紹介しています。近々徳島を離れ、新天地で活躍するシオカゼファミリーのNOS君もライドに加わり、3人で山頂を目指したのでした。
 
 
やはり、知らない土地を走るのはとても楽しいものです。目に映る景色はとても新鮮で、新しい発見が多くあるのも醍醐味。二人の先導のもと、スイッチバックを気持ちよく下り、少し雨が降り山頂付近は曇っている中、談笑しながら頂上までライド。
 
 
天気が良ければ、徳島市内や海を一望できる展望台ですが、生憎の霧模様。それでも楽しくライドを終え、街へ戻ってフルさん、ゴリくんリコメンドのソウルフード(a.k.a 一福らーめん)を頂きました。
 
 
そのまま徳島市内を離れ、南下してこの日のキャンプ地へ。
 
伊座利という人口130人に満たない海のまちにあるキャンプ場は、眼下に太平洋を眺めるロケーション。ここまで来るには伊座利峠という難関が待ち構えていますが、ピークからの海の眺めは最高。次回は身軽な装備で周辺をライドしてみたいですね。
 
そして翌日。そう、車に積んでいたのは自転車とテントだけではありません。
 
 
海・川・山と自然豊かな徳島県は、四国随一のバス釣りフィールド、旧吉野川でも知られています。徳島2日目はこのフィールドをBikeToFishingで巡りました。
 
初めてのフィールドで、状況を掴めないまま結果はボウズという形で一日終わってしまいましたが、のんびりライドしながら自然と向き合う事も楽しいものです。
 
 
今回、3泊4日のうち2泊がキャンプ場でのテント泊ということと、ライド・釣りといったアクティビティを想定して、ウェアもなるべく最小限に収めてのロードトリップでした。
 
メインで着ていたのは、フーディニ/ロックステディシャツとパンツは雨天も想定して、水の中にドボンしてもとにかく乾きの速いフーディニ/グラビティライトショーツをチョイス。吸湿速乾性に優れたウェアは様々なアウトドアアクティビティで活用できます。
 
着替えとして持って行ったのは、今はラインナップから姿を消してしまったパタゴニア/メリノウールのベースレイヤー(サークルズにはまだ少しあります)とラル バイ ディーパーズウェア/ファストパスショーツ。メリノウールのウェアは汗をかいてもべたつきにくく、また乾いたあとの匂いも気になりません。使い方によってはジャージのインナーとして、または一枚でさらっと着たりできるので、自転車でのツーリングはもちろん複数期間のトリップなどでなるべく着替えをスマートにしたいという場合にはとても役に立ちます。
 
 
最終日はダムに隣接するキャンプ場で朝を迎え、あきらめの悪い自分はキャンプサイトから降りたポイントで1時間だけ悪あがきして何とか一匹を(笑)。
 
 
 
締めは土成地方の名物たらいうどんを頂き、アメリカロッキー山脈とイタリアのチロルに並ぶ世界三大奇勝の阿波の土柱をのんびりハイキングして今回の旅を終えたのでした。
 
今回は3泊4日の旅でしたが、たとえ1泊2日の旅であっても、もしくは日帰りだとしても、自転車を持っていってその土地を巡るのは、きっと今までとは違った形で旅を楽しむキッカケになると思います。もちろん、輪行だって良いですし、車に積んで行くのも良いでしょう。
 
自転車のスピードだから見える景色や、ヒトやモノ・コトとの出会いや新しい発見、そしてその地で僕らを快く迎え入れてくれる仲間がいれば、旅がとても豊かな物になります。そして、まだ行ったことのない土地へと思いを廻らせていくうちに、自然と次の旅の機会が楽しみでしょうがなくなるものです。
 
 
最後に、雨の中ライドをアテンドしてくれたフルさんとNOS君のお二人には、感謝の気持ちで一杯です。無理言ってライドに付き合って頂いたことをこの場を借りてお詫びします(笑) そしてゴリ君や徳島で一緒に遊んでくれた皆様ありがとうございました!

RAL COMMUNE vol.1

 
実はRIDE ALIVEの夜、 HOUDINIの代表的なアイテムのPOWER HOUDIを全色集めてイベントがやれたら面白いよね。 なんて話が実現した今回の RAL COMMUNE(ラル コミューン) 。 そして初開催となる今回の内容は、 ランニングやワークショップなど色々なコンテンツとミックスしており、 たくさんの方に参加してもらえました。 大人数で走るランニングや、 FullmarksタチさんによるUTMFのトークショーもハラハラしてすごく良かったです。 UTMFは、 以前僕が参加したRapha Prestigeとはまた違う、 とてつもなく過酷なレースでした。 


DSC_8872DSC_4084[名古屋アーバンランニング]

DSC_4037DSC_4049[WELLDONE スタッフサックWorkShop]

DSC_4029アリバの夜の顔「HEDGEHOG DINER」

DSC_8887DSC_8891[HOUDINI NIGHT(フーディニ ナイト)]

 
そしてHOUDINI NIGHTでは、 予想を上回るほどの方に試着やPOWER HOUDIの魅力を知ってもらえる事ができました。 実はこれを期に、 多くのスタッフが購入していたのはここだけの話。 都合が合わなかった方ご安心下さい! 今週末まで全カラーが店頭でご覧頂けますので、 お時間のある方はぜひこの機会に試してみてくださいね。
 
ではでは、 次回の RAL COMMUNE(ラル コミューン) もお楽しみに!

RAL COMMUNE

 
キャンプ&ライドをベースに、 多種多様なアクティビティが巻き込まれていく中で生まれたコンセプトブランド【RAL】

ライドがすべてにおける人生の基準とし、 豊かに生き抜いていく思いとして回り始めた力は、 日々の生活においてもしっかりと付き合っていきたいと思えるモノやコトの出会いの場としてこれからも回り続けます。

RAL COMMUNE(ラル コミューン)と題して、 自転車だけにとらわれずに様々な形でみなさんにとって豊かなライフスタイルを提案するべく、 これからイベントをご用意していきます。
 
12076882_617429458359581_100885494_n 
そして今回、 10月10日(土曜日)RAL COMMUNE(ラル コミューン)を開催致します。 初開催の今回は、 4つのコンテンツをご用意していますよ。
 



12122642_616798475089346_5800419137040525799_n
「名古屋アーバンランニング」

 
最近、 Circlesでもランニングする方がとても増えています。 そこで今回、 EARLYBIRDSをスタートとゴールに設定して、 名古屋市内を走る名古屋アーバンランニング。 5kmのショートコース(EARLYBIRDS〜白川公園〜EARLYBIRDS)と、 10kmのロングコース(EARLYBIRDS〜名城公園〜EARLYBIRDS)の、 2つのコースを予定しています。 伴走には、 あのHMRC監督モトノブ氏に担当をお願いしています。 あまり走った事の無い方や、 挑戦して長い距離を走ってみたい方など、 ランニングの基本的なレクチャーを交えてのんびり走りますので、 だれでも気軽に参加できますよ。 さらに、 ALTRAのランニングシューズもレンタル可能ですので、 ぜひこの機会にご参加下さいね。
 
11143521_616798495089344_4916262020281445745_n
[タイムスケジュール]
・10kmスタート 17時00分〜 (およそ1時間30分ほど)
・5kmスタート  18時30分〜 (およそ45分ほど)

*予約は不要です。 出発時間になり次第スタートしますのでご注意下さい。
*アルトラのシューズをレンタルしたい方は、早めのご来店をオススメします。 また、 試着用の靴はご用意に限りがありますのでご了承下さい。(男・女サイズありますよ)


 
DSC_8795
「WELLDONE スタッフサックWorkShop」

 
アウトドアのアイテムを中心に、 ハンドメイドで様々なプロダクトを作る「WELLDONE」によるワークショップ。 登山やトレッキングなどの際、 荷物を小分けする袋であるスタッフサックを皆さんに作って頂きます。 スタッフサックは、 アウトドア好きの方には馴染みのあるアイテムですが、 簡単に言うと巾着袋みたいなもの。 今回使う生地は、 軽くて丈夫で水に強い タイベック を使用します。 ワイワイ楽しんで作りましょう!
 
DSC_8790
[タイムスケジュール]
・前半 17時30分〜(ご予約5名まで)
・後半 19時30分〜(ご予約5名まで)
*ご予約は(名前)と(人数)と(時間)を記して、 earlybirds.breakfast@gmail.com までご連絡下さい。
*所要時間はおよそ1時間くらいを予定しています。
 
12083642_616819785087215_1246499053_n
アリバの夜の顔「HEDGEHOG DINER」

 
通常は朝7時から夕方5時まで営業のEARLY BIRDS。 そして今回、 金曜日のみ夜営業している「HEDGEHOG DINER(通称ハリネズミ)」が土曜日も営業します。 外ではビアバイクでクラフトビールとおつまみをご用意し、 キッチンでは当日にむけてスペシャルメニューを考えています。 限定数のスペシャルメニューとなりますのでご期待下さい!
 
12064508_616819805087213_475403968_n

 
DSC_8777
HOUDINI NIGHT(フーディニナイト)

 
カラー豊富なパワーフーディーを全色揃え、 今年の秋冬の新作モデルの試着会を致します。 そして、 先日のUTMF(富士山麓を一周する160キロのウルトラマラソン)に参戦したフルマークスのタチさんこと舘下さんをお呼びしまして、 過酷なレース体験とフーディニの魅力についてお話して頂きます。
 
IMG_9950-e1443683262399※写真:RunnersPluseさん
 
[タイムスケジュール]
・18時00分〜 最後まで
・20時30分〜 タチさんによる過酷なレース体験とフーディニの魅力についてのトーク

*全アイテムの試着可。 もちろんその場でのオーダーや購入もして頂けます。



いかがでしょうか。 10月10日(土曜日)の夜は、 盛りだくさんの内容となっていますよ。 この日はみんなで盛り上がりましょう!!

POWER HOUDIの秘密

 
HOUDINI(フーディニ)製品の全てには着心地の良さを基本に、 袖を通した人が今まで以上のパフォーマンスを発揮出来るように考えています。 そして、 今回ご紹介するパワーフーディーは、 HOUDINIの中でも代表的なアイテムの1つ。 
DSC_8777

【HOUDINI】Power Houdi ¥28,000_(税別)

 
袖を通した人は必ず着心地の良さに驚くはずです。 魔法がかかってるんじゃないかと思うほど、 ふんわりとした肌触り。 その魔法は肌触りだけではありません。 シルエットにもこだわりがあり、 縫い目に合わせたポケットの配置にする事で、 着る人を美しく見せるのです。 それにしても、 MiuMiuとShigaちゃん似合い過ぎ!
 
DSC_8768DSC_8747 
全体のシルエットを見てみましょう。 首もとにボリュームがあるように見えますね。 これにより、 首もとをやさしく包み込み、 暖かさをキープしています。 頭のかたちに合わせてカッティングしているので、 フードをかぶった時にしっかりフィットします。 何より、 首元にボリュームがあることで、 全体がスッキリしたとしたシルエットに見せてくれるのです。
 
DSC_8752DSC_8763 
そして、 軽さと暖かさに加えとても頑丈で、 動きやすくてストレスが無いのは、 アメリカ製のPolartec Power Stretch Proという素材のおかげ。 伸縮性があって蒸れにくいので、 冬場になるとついこればっかり着てしまうのです。
 
DSC_8765 
そして、 パワーフーディーの魅力はカラーバリエーションが豊富なところ。 試着した2人は、 すでにどの色にしようか迷っているみたいです。
 
そこで次週は、 
10月10日(土曜日)HOUDINI NIGHT(フーディニ・ナイト)
を開催します。
 
splash-large_2151_1683 
カラー豊富なパワーフーディーを全色揃え(※200色ある上の画像は、 今まで作ってきたカラーになります。)、 今年の秋冬の新作モデルの試着会を致します。 そして、 先日のUTMF(富士山麓を一周する160キロのウルトラマラソン)に参戦したフルマークスのタチさんこと舘下さんをお呼びしまして、 過酷なレース体験とフーディニの魅力についてお話して頂きます。
 
その日は、 EARLY BIRDSとの合同でイベント
詳細は明日アップしますのでご期待下さい!

プルオーバーという選択肢

 

フルジップのものよりも敬遠されがちなプルオーバージャケット。 それはまさしく、 脱ぎ着しにくい点だとよく耳にします。 しかし、 プルオーバー派の僕の考え方はそうではありません。 慣れれば素早く脱ぎ着だって出来るし、 フルジップよりも軽くてコンパクトになる。 それに加え、 レイヤリングしやすい点もまた魅力なのです。 なにより、 あの何とも愛らしいデザインに一番惹かれてるのかもしれません。
 

DSC_8417

【Patagonia】Houdini Pullover ¥11,000_(税別)

 
そんなプルオーバーの選択肢があるPatagoniaのHoudiniシリーズは、 僕にとって大好きなアイテムの1つ。 サークルズのウインドブレーカーとして定着しているHoudiniシリーズは、 季節を問わず多くのアウトドアアスリートに愛用されています。 また、 ランニング用のウエアーとして作られていますが、 バイクウエアーとしてや普段着としてなど、 幅広いシチュエーションで使えるのが選ばれる理由の1つではないでしょうか。
 
DSC_8583DSC_8502DSC_8615 
雨や風を受け付けない加工を施したリップストップナイロンは丈夫でムレにくく、 重量が87gと軽く(さらに軽いOMMのアイテムは次回のBLOGでご紹介!)パッカブル使用なので、 とてもコンパクトになります。 使い勝手が良いので、 ジャージのポケットやザックの片隅に忍ばせておきたくなるアイテムですね。
 
実はこんな感じで着る事も出来るんですよ。
DSC_8517 
アウターやジャケットなどの中に着る事で、 より保温性に優れた着こなしになるのです。
 
コストパフォーマンスの高いPatagoniaのHoudiniシリーズ。 そして、 より軽くてコンパクトになるプルオーバーの選択肢を増やしてみましょう!

>>>PATAGONIAのアイテムはこちら。<<<

【about Houdini】

“GOING EAST- A family adventure on four wheels”

 

 
上記のフィルムはアドベンチャースポーツのフォトグラファー ラース・シュナイダー による、古いキャンパーバンでアメリカ南西部を家族とともに旅をするロード・トリップムービー。 彼らはキャンパーバンでの生活を通して、純粋かつ自由で多くの日本人が考えるお金のもつ豊かさとはちょっと異なる豊かな生活というものを家族、キャンパーとともに経験します。 これを見て憧れてしまったのはきっと僕だけではないはずです。 そしてこのムービー内でウエアーをサポートしているのが、スウェーデン生まれのアウトドアウエアーブランド Houdini(フーディニ) です。

 

1538701_10153277150537888_3964357601203146535_n

 

日々進む技術の進化とは凄いもので、新しい新素材が毎年のように次々と生み出され、軽量かつ頑丈なギアたちが毎年のように生み出されています。 そしてUL (ウルトラライト) と呼ばれるムーブメントが今のアウトドアシーンの中心にどっかりと座っているのですが、ただ単に軽量性と機能性のみにフォーカスしてしまうと、それ以上に大切な事を失ってしまいがちなのはどの業界でも同じかと思います。 着用するギアに求められるべきこととはやはりその着衣感(着心地)なのではないでしょうか。
 

1398_db2fab1953-243034840のコピー

 
今回ご紹介する Houdini のウェアーは、クライミング、スキー、トレイルランニングそして自転車といったアクティビティーに即対応可能、あらゆる場面に溶け込める機能とシンプルなデザインを兼ね備えています。 それ以上に着心地の大切さを追求したそのモノづくりは、ものが違えどもサークルズの考え方にも近くとても親近感がわきます。 

 
サークルズではメンズ・レディースともに取り扱いをしておりますので、その”魔法のような着心地の良さ“と呼ばれるほどのフーディニのウエアーたちをぜひ店にお越しの際は一度ご試着してみて下さい。 

きっとあなたを虜にするはずです。
 

11693860_10153468012972888_3926407690935086889_n

 

WEAR MORE SALE!!

IMG_4664.JPG昨日のCRCジャージの告知から、今日早速受注をされに多くのお客様がご来店いただいています。嬉しい限りです。
店頭ではサイズ違いでサンプルを用意していますので、サイズ感をしっかり吟味して選んでいただければと思います。
紳士なサイクリストの皆様、受注お待ちしております!

それと同時に明日から2階では秋冬ウェアアイテムのMORE SALE!が始まります!そちらを一部ですがご紹介です。
IMG_4660.JPGHOUDINI 「M’s Hight Loft Sherpa Jacket」¥27,000→¥18,900(税別)
IMG_4657.JPGCCP 「DOWN JACKET」¥38,000→¥26,600(税別)
IMG_4659.JPGIMG_4658.JPGPOLER×GRANTED 「SWEATER VEST」¥48,000→¥30,000(税別)
IMG_4655.JPGnarifuri「コーデュロイチェックシャツ」¥21,000→¥14,700(税別)
IMG_4663.JPGnarifur「裏メッシュカーディガン」¥25,000→¥17,500(税別)
IMG_4653.JPGnarifuri 「M’s cycle jersey」 右:¥17,000→¥11.900(税別)
中:¥19,000→¥13,300(税別)
左:¥18,000→¥12,600(税別)
IMG_4662.JPGPEARL IZUMI USA「PRO SOFTSHELL 180 JKT」¥20,800→¥14,560(税別)

2014年のコレクションブランドアウトドアPEARL IZUMIのパフォーマンスウェアを対象にど〜っさり値下げ中です。
この他にもまだまだたくさん用意しておりますよ!人気のあのブランドも…つまり絶対来て下さいってことです!w
是非この機会をお見逃しなく!

HOUDINIのウェア。

寒い。寒い。
今週で一気に冷え込みましたね。明日定休日のライドには何を着ていこうか現在思案中です。
冬はどうしても外に出るのが辛くなってしまいますが、もちろん寒い季節こそ自転車に乗ってもらいたいのです。
寒いから動く、汗をかく、そして健康になる。体も心も鍛えられるし、なによりそんなシンプルなコトがとても豊かなコトなんだって気付かされます。

自転車以外でも今年はスキー、スノーボードもまた行きたいと一人で妄想をしたり。
そんな季節に気になるのが「HOUDINI」のウェア。original-kvartaction_7311もっともっとこれからより楽しくなるのが冬のウェア選び。
普段着?自転車用?またはトレーニング?
できればそんなコトもぜ〜んぶ一緒で自分のライフスタイルに落とせるモノを身につけたいと、僕は洋服を選ぶ時考えたりします。そう思えば、似合う?似合わない?は関係なかったりするんです。

このHOUDINIの“Power Houdi”はそんな僕のワガママな注文を聞いてくれるとっても素晴らしいアイテム。IMG_4141.JPGIMG_4143.JPG4方向に伸びる高性能なフリース素材「Polartec Power Strech Pro」を使用した軽量でコンパクト性に優れたフリースウェア。とにかくよ〜く伸びるんです。
動きやすさはもちろん、高い保温性もポイント。そして吸湿速乾性。
汗を吸収してしっかり外へ逃がし、激しい運動時のオーバーヒートや汗冷えを防ぎ、身体を常にドライで快適な状態に保ちます。
つまり、身につけたらそのままってコトです。IMG_4142.JPGHOUDINIの“Power Houdi” ¥28,000(税別)
col.Blue Jet,Boulder Grey,BaseGreen

これからの寒い季節に、よろしくどうぞ。